ポララミンは市販で買える?個人輸入で売ってる?

医療用医薬品のポララミンは、基本的に市販で購入できません。 一部の医療機関では、医師の処方箋なしで院内処方として購入できる場合がありますが、**薬剤師の指導を受けながら服用する必要があるため、**必ず医師や薬剤師に相談してから購入するようにしましょう。

市販で購入できるポララミンは、第2類医薬品に分類される抗ヒスタミン薬です。 アレルギーによるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、皮膚のかゆみなどに効果があります。

医療用医薬品のポララミンと市販薬のポララミンの主な違いは以下の通りです。

項目 医療用医薬品 市販薬
有効成分 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩 d-クロルフェニラミンマレイン酸塩
含有量 2mg、4mg、6mg 2mg、4mg
種類 錠剤、散剤、シロップ、注射 錠剤、散剤、シロップ、ドライシロップ
購入方法 医師の処方箋が必要 薬剤師の指導を受けながら購入可能
使用上の注意 眠くなることがあるなど、副作用が起こる可能性がある 眠くなることがあるなど、副作用が起こる可能性がある
医療用医薬品のポララミンは、市販薬よりも効果が強い場合が多いですが、副作用も起こりやすいため、医師の指導のもとで服用する必要があります。 アレルギー症状にお悩みの方は、まずは医師や薬剤師に相談し、自分に合った治療法を見つけるようにしましょう。

ポララミン以外にも、アレルギー症状に効果的な薬はたくさんあります。 自分に合った薬を見つけるために、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

ポララミンは個人輸入で購入できますか?

ポララミンは個人輸入で購入することができます。
オオサカ堂では海外製のポララミンジェネリックが購入できます。

>>海外製のポララミンジェネリックの購入はこちら

空詩堂では日本製のポララミンが購入できます。(記事作成時、品切れ中)

>>日本製のポララミンの購入はこちら

はい、ポララミンは個人輸入で購入できます。ただし、以下の点に注意する必要があります。

1. 医師の処方箋は不要

ポララミンは、日本国内では医療用医薬品に指定されていますが、個人輸入の場合は処方箋は不要です。

2. 個人輸入代行業者を利用する

個人輸入代行業者を利用することで、海外の薬局からポララミンを購入することができます。ただし、業者の選び方や購入方法には注意が必要です。

3.偽造品の可能性

個人輸入で購入する医薬品には、偽造品の可能性があります。偽造品は成分が異なったり、期限切れであったりするため、健康被害を招く恐れがあります。

4. 税関での手続き

個人輸入で購入する場合、金額によっては関税や消費税などの税金がかかります。検疫手続きが必要になることはありません。

5. 日本語の添付文書がない

個人輸入で購入する医薬品には、日本語の添付文書がない場合があります。用法・用量や副作用などの情報を確認できないため、服用には注意が必要です。

空詩堂の場合は日本語の添付文書が添付されます。

6. トラブル発生時の対応

個人輸入で購入した場合、医薬品に関するトラブルが発生した際に、対応が難しい場合があります。

ポララミンを個人輸入で購入する際は、上記の点に十分注意し、安全性を確認した上で購入するようにしましょう。

安全性を確認する方法

・信頼できる個人輸入代行業者を選ぶ
・購入する医薬品が偽造品ではないことを確認する
・日本語の添付文書があることを確認する
・安全性を確認できない場合は、個人輸入で購入するのは避け、医師や薬剤師に相談して国内で入手することをおすすめします。

コメント