オロパタジン 薬局で買える?ドラッグストアで売ってる?amazonや楽天で購入できる?

オロパタジン 物販

[PR]
オロパタジンは、医師の処方箋が必要な「医療用医薬品」に指定されているため、薬局で購入することはできません。
オロパタジンの有効成分は「オロパタジン塩酸塩」です。オロパタジンは、抗ヒスタミン薬と呼ばれる薬の一種で、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う痒みなどの症状に効果があります。
オロパタジンは、処方箋がないと購入できないため、アレロック錠オロパタジン塩酸塩錠やを服用したい場合は、医師の診察を受ける必要があります。
例外的に個人輸入代行サイトからオロパタジン塩酸塩錠やアレロック錠を通販で買うことができます。

商品名:オロパタジン塩酸塩錠5mg「日医工」 100錠(10錠×10;PTP)
販売価格:3,240円
送料:無料
発送元:台湾または香港
製造元:日医工 株式会社
販売元:日医工 株式会社
販売サイト:空詩堂
>>オロパタジン塩酸塩錠5mgの購入はこちら


商品名:アレロック錠5:100錠
販売価格:7,590円
送料:無料
発送元:台湾または香港
製造元:協和キリン 株式会社
販売元:協和キリン 株式会社
販売サイト:空詩堂
>>アレロック錠5の購入はこちら

海外製のアレロックジェネリックも個人輸入で買える

海外製のアレロックも個人輸入で購入できます。
オオサカ堂というサイトなら海外製のアレロックジェネリックのウィノラップが100錠で3,910円の送料無料で買うことができます。

商品名:[アレロックジェネリック]ウィノラップ5mg 【1箱100錠】
販売価格:3,910円
送料:無料
製造メーカー:Sun Pharma Laboratories Ltd.
販売サイト:オオサカ堂
>>海外製のアレロックジェネリックの購入はこちら

※価格は記事作成時の価格です。価格は為替や物価などの影響で変動します。最新価格は販売サイトでご確認ください。

オロパタジンはドラッグストアで売ってる?

2024年1月23日現在、オロパタジンはドラッグストアで売っていません。オロパタジンは、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う痒みの治療に用いられる医療用医薬品「アレロック」の主成分です。アレロックは医療用医薬品のため、処方箋なしで購入することはできません。

オロパタジンのジェネリック医薬品も、現在のところ市販薬で販売されていません。そのため、オロパタジンを購入するには、医師の診察を受けて処方箋を発行してもらう必要があります。

オロパタジンと同様の作用を持つ市販薬としては、アレグラやクラリチンなどがあります。これらの薬は、第2世代の抗ヒスタミン剤で、オロパタジンと同様にアレルギー症状を抑える効果があります。

オロパタジンはamazonや楽天で購入できる?

2024年1月23日現在、オロパタジンはamazonや楽天で購入することはできません。amazonや楽天では、医療用医薬品は販売されていないためです。

オロパタジンを購入するには、医師の診察を受けて処方箋を発行してもらう必要があります。処方箋があれば、薬局でオロパタジンを購入することができます。

オロパタジンと同様の作用を持つ市販薬としては、アレグラやクラリチンなどがあります。これらの薬は、amazonや楽天で購入することができます。

オロパタジンは個人輸入で購入できる?

オロパタジンを個人輸入で購入する手順は、以下のとおりです。

個人輸入のできるウェブサイトを探す
オロパタジンは、日本で医薬品として承認されている薬剤です。そのため、個人輸入で購入するには、厚生労働省の規定を満たす必要があります。

個人輸入のできるウェブサイトは、インターネットで検索すると簡単に見つかります。ウェブサイトを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

厚生労働省の規定を満たしていること
日本語でわかりやすい説明があること
支払い方法や配送方法が自分に合っていること
購入する薬剤を選ぶ
ウェブサイトでオロパタジンの取り扱いを確認します。オロパタジンは、錠剤、OD錠、顆粒、フィルムなど、さまざまな剤形で販売されています。

自分の症状や用途に合わせて、適切な剤形を選びましょう。

必要事項を入力して注文する
ウェブサイトで必要事項を入力して注文します。必要事項には、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどがあります。

また、アレルギーや副作用などの既往症がある場合は、必ず伝えるようにしましょう。

代金の支払いをする
注文後に、代金の支払い方法を選択します。クレジットカード、銀行振込、代金引換など、さまざまな支払い方法に対応しているウェブサイトが多いです。

商品の受け取り
商品は、通常、1週間から10日程度で届きます。商品が届いたら、すぐに確認しましょう。

もし、商品に異常がある場合は、すぐにウェブサイトに連絡するようにしましょう。

オロパタジンを個人輸入する際には、以下の点に注意が必要です。

医師の診察を受けずに、自己判断で使用しない
用法・用量を守って使用する
副作用が現れた場合は、すぐに使用を中止する
オロパタジンは、効果的なアレルギー治療薬ですが、副作用が出ることもあります。そのため、正しく使用することが大切です。

オロパタジンの市販の代替品はありますか

オロパタジンは、抗ヒスタミン薬の一種で、花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状に効果があります。しかし、オロパタジンは医療用医薬品に分類されており、市販薬には含まれていません。

そのため、オロパタジンの代替品として、市販薬で購入できる抗ヒスタミン薬の中から、効果や副作用が似ているものを選ぶことになります。

オロパタジンと同様に、第2世代の抗ヒスタミン薬で、眠気や集中力の低下などの副作用が少ない薬としては、以下のようなものがあります。

フェキソフェナジン塩酸塩:アレグラFX、ケアビエン、アレジンAZ錠など
ロラタジン:クラリチン、ナザレックス、ロラナなど
デスロラタジン:デザレックス、デザレックスSなど
これらの薬は、いずれもオロパタジンと同様に、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状に効果があります。

ただし、薬によって効果や副作用の程度が異なるため、自分に合った薬を選ぶことが大切です。また、薬を服用する際には、必ず添付文書をよく読んで、用法・用量を守って服用してください。

なお、オロパタジンは、医療用医薬品として、錠剤、顆粒、口腔内崩壊錠の3つの剤形で販売されています。市販薬で購入できる抗ヒスタミン薬も、錠剤、顆粒、スプレー、点眼薬など、さまざまな剤形があります。

自分の症状やライフスタイルに合わせて、使いやすい剤形を選ぶこともおすすめです。

コメント