フルメトロン点眼液は市販で売ってる?薬局やドラッグストアで買える?楽天やamazonで購入できる?

フルメトロン点眼液は、目の炎症を抑えるステロイド剤です。次のようなさまざまな目の炎症に使用されます。

アレルギー性結膜炎
春季カタル
ぶどう膜炎
眼瞼炎
角膜炎
強膜炎
フルメトロン点眼液は処方薬であり、市販はされていません。眼科医の診察を受けて、自分に合った薬かどうか判断してもらう必要があります。

フルメトロン点眼液の一般的な副作用には、次のようなものがあります。

目の刺激
かすみ目
目の乾燥
目のかゆみ
頭痛
重篤な副作用としては、次のようなものがあります。

緑内障
白内障
眼感染症
フルメトロン点眼液の使用を検討している場合は、潜在的なリスクと利点について眼科医に相談してください。

フルメトロン点眼液は薬局やドラッグストアで買える?

フルメトロン点眼液は、医療用医薬品に指定されているため、処方箋なしで薬局やドラッグストアで購入することはできません。

フルメトロンを購入するには、以下の方法があります。

眼科を受診し、医師に診察を受ける
オンライン診療で医師に診察を受ける
眼科を受診する場合は、予約が必要となる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

オンライン診療では、スマートフォンやパソコンを使って医師の診察を受けることができます。

フルメトロン点眼液は、以下の症状に使用されます。

春季カタル
アレルギー性結膜炎
慢性結膜炎
術後の炎症
フルメトロン点眼液を使用する際には、以下の点に注意が必要です。

眼科医の指示に従って使用してください。
目以外の部位に使用しないでください。
ソフトコンタクトレンズを装用している方は、使用前に医師に相談してください。
副作用が現れた場合は、使用を中止して眼科医に相談してください。
フルメトロン点眼液について、さらに詳しく知りたい場合は、眼科医に相談してください。

フルメトロン点眼液は楽天やamazonで購入できる?

楽天やAmazonでは医療用医薬品のフルメトロン点眼液を購入できません。フルメトロン点眼液は、医師の処方箋が必要な「医療用医薬品」に指定されています。

医療用医薬品は、副作用のリスクなどが大きいため、医師や薬剤師の指導のもとで使用する必要があります。そのため、楽天やAmazonなどのネット通販で購入することはできないようになっています。

フルメトロン点眼液を購入したい場合は、眼科を受診して医師に診察してもらい、処方箋を発行してもらう必要があります。処方箋をもらったら、薬局で薬を購入することができます。

フルメトロン点眼液を購入できる場所

眼科
病院の薬局
調剤薬局があるドラッグストア
一部の調剤薬局

フルメトロン点眼液を購入する際の注意点

医師の処方箋がないと購入できない
薬剤師の指導をよく聞いて使用する
副作用が現れた場合は、すぐに医師に相談する

フルメトロン点眼液の通販サイト

楽天:https://www.rakuten.co.jp/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/
上記の通り、楽天やAmazonではフルメトロン点眼液を購入できません。しかし、これらのサイトでは、フルメトロン点眼液の情報を調べたり、口コミを読んだりすることもできません。

フルメトロン点眼液の市販の代替品はありますか?

フルメトロン点眼液は、ステロイドの一種であるフルオロメトロンを成分とする抗炎症薬です。市販薬で同等の成分を含むものはありません。

しかし、市販薬には、以下のような類似の作用を持つものがあります。

抗炎症作用を持つ目薬
リンデロン点眼・点耳・点鼻液(ベタメタゾン)
プレドニンZ軟膏(プレドニゾロン)
ケナコルトA軟膏(トリамシノロンアセトニド)

目の充血を抑える目薬
ロートVクール40EX(塩酸ナファゾリン)
サンテFX NEO(テトラヒドロゾリン塩酸塩)
新ビクトリアIC(トラマゾリン塩酸塩)

目のかゆみを抑える目薬
アレジオン点眼液(アレグラD点眼液)(クロルフェニラミン)
ザジテン点眼液(ケトチフェン)
クラリチンEX点眼液(ロラタジン)

これらの市販薬は、フルメトロン点眼液と比べて効果が弱い場合や、副作用が現れる可能性もあります。使用前に必ず添付文書をよく読んで、用法用量を守って使用してください。

なお、目の症状が重い場合や、市販薬で改善しない場合は、眼科を受診することをおすすめします。

コメント