ロキソニンは薬局で買えますか?

はい、ロキソニンは薬局で買えます。ただし、ロキソニンには「医療用医薬品」と「一般用医薬品」の2種類があり、それぞれ購入方法が異なります。

医療用医薬品

医療用医薬品であるロキソニンは、処方箋がないと購入できません。処方箋は、病院や診療所で診察を受けて発行してもらえます。

一般用医薬品

一般用医薬品であるロキソニンは、処方箋がなくても購入できます。ただし、薬剤師から情報提供を受けることが義務付けられています。そのため、薬局では、薬剤師が直接対面で販売する必要があります。

一般用医薬品のロキソニンは、以下の名称で販売されています。

ロキソニンS
ロキソニンSプレミアム
ロキソニンSプラス
ロキソニンSプレミアムプラス
これらの薬は、医療用医薬品であるロキソニンの成分を一部含んでおり、痛みや発熱の緩和に効果があります。ただし、医療用医薬品と同等の効果を期待することはできず、副作用のリスクも低くなっています。

また、一般用医薬品のロキソニンは、15歳未満の子供や妊婦、授乳中の方は服用できません。また、肝臓や腎臓の機能が低下している方も注意が必要です。

ロキソニンを購入する際には、自分の症状や体質に合った薬を選ぶようにしましょう。

ロキソニンジェネリックも薬局で買える

はい、ロキソニンジェネリックも薬局で買えます。ロキソニンジェネリックは、ロキソニンと同成分の薬で、医療用医薬品と一般用医薬品の両方が販売されています。

医療用医薬品

医療用医薬品であるロキソニンジェネリックは、処方箋がないと購入できません。処方箋は、病院や診療所で診察を受けて発行してもらえます。

一般用医薬品

一般用医薬品であるロキソニンジェネリックは、処方箋がなくても購入できます。ただし、薬剤師から情報提供を受けることが義務付けられています。そのため、薬局では、薬剤師が直接対面で販売する必要があります。

一般用医薬品のロキソニンジェネリックは、以下の名称で販売されています。

ロキソプロフェン錠
ロキソプロフェン錠クニヒロ
ロキソプロフェン錠テバ
ロキソプロフェン錠マルイシ
ロキソプロフェン錠トーワ
これらの薬は、医療用医薬品であるロキソニンジェネリックの成分を一部含んでおり、痛みや発熱の緩和に効果があります。ただし、医療用医薬品と同等の効果を期待することはできず、副作用のリスクも低くなっています。

また、一般用医薬品のロキソニンジェネリックは、15歳未満の子供や妊婦、授乳中の方は服用できません。また、肝臓や腎臓の機能が低下している方も注意が必要です。

ロキソニンジェネリックを購入する際には、自分の症状や体質に合った薬を選ぶようにしましょう。

ロキソニンジェネリックの値段は安い

はい、ロキソニンジェネリックの値段は、ロキソニンよりも安い傾向があります。

例えば、ロキソニンSの12錠のメーカー小売希望価格は648円(税抜)ですが、ロキソプロフェン錠の12錠のメーカー小売希望価格は540円(税抜)です。

ロキソニンジェネリックの値段は、製造販売元や錠数、形状などによっても異なります。また、インターネット通販やドラッグストアなどの販売店によっても、値段が異なる場合があります。

一般的な傾向としては、ロキソニンSとロキソプロフェン錠の12錠の値段の差は、100円程度です。また、ロキソニンSプレミアムとロキソプロフェン錠プレミアムの12錠の値段の差は、200円程度です。

ロキソニンジェネリックは、ロキソニンと同等の効果が期待できるため、コストパフォーマンスに優れた選択肢と言えるでしょう。

コメント