グライコクリームでビニール肌にならないような使い方

グライコクリームは、古い角質を除去してターンオーバーを促進するグリコール酸が含まれたAHA化粧品です。ニキビやシミ、くすみの改善に効果的ですが、使いすぎると角質が薄くなり、ビニール肌と呼ばれる状態になることがあります。

ビニール肌とは、肌の表面がツルツルしていて、キメがなく、乾燥しやすい状態です。バリア機能が低下しているため、刺激を受けやすく、ニキビやシミができやすいということもあります。

グライコクリームでビニール肌にならないようにするには、以下の点に注意しましょう。

1. 使用頻度を守る
2. 使用量を守る
3. 保湿をしっかり
4. 日焼け止めを使用
5. 肌の状態を観察

1. 使用頻度を守る

グライコクリームは、最初は週に2~3回、慣れてきたら毎日使用しても構いません。しかし、肌の状態を見ながら、使用頻度を調整することが大切です。肌が乾燥したり、ヒリヒリしたりしたら、使用頻度を減らしましょう。

2. 使用量を守る

グライコクリームは、パール粒大くらいで十分です。使用量が多すぎると、肌への負担が大きくなり、ビニール肌になる可能性が高くなります。

3. 保湿をしっかり

グライコクリームは、角質を一緒に取り除くため、肌が乾燥しやすくなります。そのため、化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。

4. 日焼け止めを使用

グライコクリームを使用している間は、肌が紫外線に敏感になります。日焼け止めを塗って、紫外線対策をしましょう。

5. 肌の状態を観察

グライコクリームを使用している間は、肌の状態をよく観察しましょう。乾燥やヒリヒリなど、異常を感じたら、使用を中止して、皮膚科医に相談しましょう。

ビニール肌になってしまった場合

ビニール肌になってしまった場合は、以下の対処法を試しましょう。

1. 保湿を徹底

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分配合の化粧水や乳液で、肌にたっぷりと水分を与えましょう。

2. バリア機能を回復

CICAクリームやワセリンなどの、肌の再生を促す成分配合のクリームを使用しましょう。

3. 紫外線対策

日焼け止めを塗って、紫外線から肌を守りましょう。

4. 皮膚科医に相談

症状が改善しない場合は、皮膚科医に相談しましょう。

グライコクリームは、正しく使用すれば、ニキビやシミ、くすみの改善に効果的な化粧品です。ビニール肌にならないように、上記の点に注意して使用しましょう。

コメント