カルボシステインを市販で安く購入する方法 カルボシステインが安い個人輸入は

カルボシステインは、痰を溶かして排出を促す効果のある薬です。市販薬では、総合風邪薬に含まれていることが多いです。

カルボシステインを市販で安く購入する方法は、以下のとおりです。

ドラッグストアや薬局を比較する
カルボシステインを含む総合風邪薬は、ドラッグストアや薬局によって価格が異なります。複数の店舗を比較して、最も安い店舗で購入しましょう。

ネット通販を利用する
ネット通販では、ドラッグストアや薬局よりも安くカルボシステインを含む総合風邪薬を購入できる場合があります。ただし、購入前に送料や手数料を確認しておきましょう。

零売薬局で購入する
零売薬局では、医療用医薬品を処方箋なしで購入することができます。カルボシステインは医療用医薬品としても販売されており、零売薬局で購入すると、市販薬よりも安く購入できる場合があります。

また、カルボシステイン錠(医療用)は、1錠あたりの価格が安いため、錠数が多いものを購入すると、1錠あたりの価格を抑えることができます。

なお、カルボシステインを含む総合風邪薬は、風邪の症状を緩和する効果がありますが、痰の量を減らす効果は必ずしも期待できるとは限りません。痰の量が多い場合は、医師の診察を受けることをおすすめします。

Image: カルボシステインを含む総合風邪薬の例

ストナ去たんカプセル
クールワン去たんソフトカプセルRN
パブロンメディカルC
ストナプロジェルEX
ルルAC
これらの薬は、いずれもカルボシステインを含む総合風邪薬です。価格は、ドラッグストアやネット通販によって異なります。

カルボシステインは個人輸入で購入できますか

カルボシステインを個人輸入で購入する手順は、以下のとおりです。

個人輸入代行業者を選ぶ
カルボシステインは、日本では医薬品に分類されています。そのため、個人輸入を行う際には、厚生労働省の定める条件を満たす必要があります。また、個人輸入代行業者によっては、取り扱いできない医薬品や、輸入できる数量が制限されている場合があります。

個人輸入代行業者を選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

厚生労働省の定める条件を満たしている
カルボシステインを扱っている
輸入できる数量に制限がない
個人輸入代行業者に注文する
個人輸入代行業者に注文する際には、以下の情報を入力します。

氏名、住所、電話番号
購入したいカルボシステインの種類、数量
支払方法
代金の支払い
代金の支払い方法は、業者によって異なります。主な支払方法は、クレジットカード、銀行振込、代金引換です。

商品の受け取り
商品は、業者から直接自宅に配送されます。配送業者は、業者によって異なります。

具体的な手順は、以下のとおりです。

個人輸入代行業者のウェブサイトにアクセスします。

カルボシステインのページを開きます。

購入したいカルボシステインの種類と数量を選びます。

氏名、住所、電話番号を入力します。

支払方法を選びます。

注文を確定します。

代金の支払いを行います。

商品の配送状況を確認します。

商品が届いたら、受け取ります。

カルボシステインを個人輸入する際には、以下の点に注意しましょう。

厚生労働省の定める条件を満たす必要がある
個人輸入代行業者によっては、取り扱いできない医薬品や、輸入できる数量が制限されている
カルボシステインは、副作用が出る可能性がある
カルボシステインは、気道の粘液を調整する作用があり、痰や鼻汁を出しやすくする薬です。ただし、副作用として、下痢、吐き気、胃部不快感などの症状が出ることがあります。また、妊娠中や授乳中の方は、服用前に医師に相談してください。

カルボシステインの市販の代替品はありますか

2023年8月現在、カルボシステインが単独で配合された市販薬はありません。ただし、カルボシステインと他の去痰薬を配合した市販薬はいくつかあります。

代表的な市販薬としては、以下のようなものがあります。

ベンザブロックLプラス錠(武田コンシューマーヘルスケア)
ストナ去たんカプセル(大正製薬)
ストナシロップ10(大正製薬)
これらの薬は、カルボシステインとブロムヘキシン塩酸塩を配合しています。ブロムヘキシン塩酸塩は、カルボシステインと同様に、気道の粘液を調整する作用があります。そのため、カルボシステイン単独の薬よりも、より効果的に痰や鼻汁を出しやすくすることができます。

また、カルボシステインとアンブロキソール塩酸塩を配合した市販薬もあります。アンブロキソール塩酸塩は、カルボシステインとブロムヘキシン塩酸塩よりも、より強い去痰作用があります。そのため、重度の痰や鼻汁の症状に効果的です。

なお、これらの市販薬は、医師の処方箋がなくても購入することができます。ただし、服用前に添付文書をよく読み、用法・用量を守って使用してください。

コメント