メトホルミンはどこで買える?薬局やドラッグストアで買える?amazonや楽天で購入できる?

メトホルミンジェネリック 物販

メトホルミンは、糖尿病の治療薬として使われる医薬品です。日本では原則、処方箋がないと購入できません。
処方箋なしで購入する方法としては個人輸入で買うことができます。
私が買っているのはユニドラというサイトでメトホルミンジェネリックが格安に買えます。
このメトホルミンジェネリックはグリフォーという名前は6箱まとめ買いすると1錠あたり約15円で買うことができます。
病院でダイエット用で処方してもらったら、500㎎が50円ぐらいはして、その上、診察料や送料もかかるので、個人輸入のグリフォーは格安です。
また、大きさも1000㎎なので、ピルカッターで半分の500㎎にカットして服用しているので1回あたり10円以下で服用できます。
>>格安のメトホルミンジェネリックの購入はこちら

商品名:メトホルミン1000mg100錠(グリフォー)
有効成分:メトホルミン (Metformin) 1000mg
内容量:100錠/箱
販売価格:
 1箱 3,710円
 2箱 4,732円
 3箱 5,805円
 4箱 6,884円
 6箱 8,850円
送料:無料
販売手数料:740円
製造メーカー:Bilim ilac san (ビリマイラクサン)
販売サイト:ユニドラ
初回10%割引クーポン:UD5YAK6A
>>格安のメトホルミンジェリックの購入はこちら

※価格は記事作成時の価格です。価格は為替、物価などの影響で変動します。最新価格は販売サイトで確認してください。

メトホルミンを処方してもらうには

メトホルミンが処方される主な場所は、
病院
診療所
クリニック
です。

処方箋の取得には、医師の診察が必要です。医師の診察を受けるには、直接病院に行くか、予約して行くことができます。予約は、電話やインターネットで行うことができます。

メトホルミンの処方箋を取得したら、薬局で購入することができます。薬局は、病院や診療所の近くに多くあります。

また、インターネットでメトホルミンを販売しているサイトもあります。個人輸入なら処方箋なしで入手できます。

具体的な販売場所については、お住まいの地域の医療機関や薬局にお問い合わせください。

なお、メトホルミンは、副作用や禁忌がある薬剤です。自己判断で服用せず、必ず医師の指示に従って服用してください。

メトホルミンは薬局やドラッグストアで売ってない

メトホルミンは、糖尿病の治療薬として使われる医薬品です。メトホルミンは、食事療法や運動療法だけでは血糖値がコントロールできない場合に、単独でまたは他の糖尿病治療薬と併用して使用されます。

メトホルミンは、日本では医療用医薬品に分類されています。つまり、医師の処方箋がないと購入できないということです。

メトホルミンが市販の薬局やドラッグストアで売っていない理由は、主に次の2つです。

メトホルミンには、副作用や禁忌があるため、医師の診察と指導のもとで使用することが重要である。

メトホルミンは、糖尿病の治療に効果的な薬剤ですが、適切に使用しないと血糖値が下がりすぎたり、他の健康問題を引き起こしたりする可能性があるため、医師の判断が必要な薬剤である。

市販の薬局やドラッグストアで売られている薬は、基本的には、副作用や禁忌が少なく、自己判断で使用しても安全な薬剤です。メトホルミンは、これらの条件に当てはまらないため、市販の薬局やドラッグストアで販売されていないのです。

なお、メトホルミンは、インターネットで購入することもできますが、その場合は、必ず医師の診察を受けて、処方箋を取得するようにしてください。

メトホルミンは楽天やamazonで購入できない

メトホルミンは、糖尿病の治療薬として使われる医薬品です。メトホルミンは、日本では医療用医薬品に分類されています。つまり、医師の処方箋がないと購入できないということです。

楽天やAmazonなどのインターネット通販サイトでは、医療用医薬品の販売は禁止されています。そのため、メトホルミンも楽天やAmazonで購入することはできません。

楽天やAmazonでメトホルミンが販売されている場合でも、それは偽薬や転売品である可能性が高いです。偽薬や転売品は、品質や安全性が保証されていないため、絶対に購入しないほうがよいでしょう。

メトホルミンを購入する必要がある場合は、必ず医師の診察を受けて、処方箋を取得するようにしてください。

メトホルミンを個人輸入で購入する方法

メトホルミンを個人輸入で購入するには、次の手順が必要です。

医師の診察を受けて、処方箋を取得する。

個人輸入代行業者を利用する。

代行業者から商品を受け取る。

医師の診察を受けて、処方箋を取得する

まず、医師の診察を受けて、メトホルミンの処方箋を取得する必要があります。処方箋の取得には、予約が必要です。予約は、電話やインターネットで行うことができます。

個人輸入代行業者を利用する
処方箋を取得したら、個人輸入代行業者を利用します。個人輸入代行業者は、海外の医薬品を個人輸入する際に、代行してくれる業者です。

個人輸入代行業者を選ぶ際には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。信頼できる業者かどうかは、以下のポイントで判断することができます。

ホームページがしっかりしている
問い合わせ対応が丁寧
口コミや評判が良い
代行業者から商品を受け取る
代行業者に商品を注文すると、海外から商品が届きます。商品が届いたら、税関で関税の支払いが必要になる場合があります。

メトホルミンの個人輸入は、以下の点に注意が必要です。

個人輸入は、医師の処方箋がないとできません。
個人輸入代行業者を利用する場合、手数料がかかります。
海外の医薬品は、日本製の医薬品と比べて品質が劣る可能性があるため、注意が必要です。
メトホルミンは、副作用や禁忌がある薬剤です。自己判断で服用せず、必ず医師の指示に従って服用してください。

コメント